トップページ > 商品メンテナンスQ&A

商品メンテナンスQ&A

1. 灯油焚き機種の異常・故障表示を教えてください。

下記PDFよりご確認ください。
灯油焚き機種の異常・故障表示一覧.pdf

2. ガス焚き機種の異常・故障表示を教えてください。

下記PDFよりご確認ください。
ガス焚き機種の異常・故障表示一覧.pdf

4. なぜSPDを始めたのですか?

30年ほど前に建てられた施設ではセントラルヒーティングを用いた自然対流または輻射方式の暖房が主流でした。しかし暖房システムの老朽化に伴って、近年コストが安いという理由で「温風方式のFFストーブ」に改修されるケースが目立っています。これは健康志向への逆行でした。
しかしながら近年はまた健康的暖房の観点からセントラルヒーティング(パネル暖房)へと注目を浴びるようになってきました。
ここで問題となったのが導入コストと維持管理費用です。
これらの問題を解決すべく開発された独創的暖房機が『SPD』となります。

5. 性能、大きさ、重さはどれくらいですか?

形式名 暖房出力 部屋の広さの目安 奥行 高さ 製品重量
SPD-2000K/N/P 2.39kW
(2050kcal/h)
15m²まで
(9畳まで)
1600mm 216mm 650mm 117kg
SPD-3000K/N/P 3.72kW
(3200kcal/h)
23m²まで
(13畳まで)
1600mm 216mm 750mm 145kg
SPD-5000K/N/P 6.28kW
(5400kcal/h)
39m²まで
(23畳まで)
2200mm 216mm 750mm 190kg

※部屋の広さは暖房出力を単位面積当たりの必要能力150~200(単位kcal/(h・m2))で割ったもの。
※導入地域によっては能力が異なります。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

6. SPDの内部の圧力はどれくらいですか?

私たちが暮らしている地上の気圧は101.3kPa(気象情報に出てくる1013ヘクトパスカルと同じです)であるのに対して、SPDは内部の温度によって変化します。

10ºC 1kPa 20ºC 2kPa 30ºC 4kPa 40ºC 7kPa 50ºC 12kPa
60ºC 20kPa 70ºC 31kPa 80ºC 47kPa 88ºC 65kPa

※単位kgf/cm2への換算は数値を98で、単位mmHg(=Torr)への換算は0.133で割って求められます

7. もっと小さくできないのですか?

暖房出力はほぼパネルラジエーターの大きさによって決まります。パネルラジエーターを小さくすると暖房出力が小さくなるため、現行のサイズが必要です。
また熱源機を搭載している為、現行の寸法が必要です。

8. SPDの表面温度は何度ですか?

最高88ºCです(常時ではありません)。
老健などの施設ではパネル温度を60度程度まで下げることが可能です。
詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

9. 一般への販売はしていますか?

現在業務用としてのみの販売となっており、一般への販売は行っていません。

10. 色は現行のものしかないのですか?

標準は現行の「アイボリー」です。
マンセル値:5.7Y9.3/1.0
ニッシンパウダーPE783ライン 783-116.379クリーム
日塗工:25-92B(マンセル5Y9.2/1に相当品)

11. SPDの強みは何ですか?

温風を使わないためホコリやウイルス菌が攪拌されることがなく、空気の乾燥もしにくくなります。暖房機の付近だけ熱いということもなく、健康、かつ快適です。
ボイラーが要らず単体で完結しているので壁の給排気穴、燃料、AC100V電源があればすぐ使用でき、セントラル方式と比べてトータル費用が安価に済みます。

12. 燃料は何ですか?

現在、灯油・都市ガス・LPガス仕様があります。

13. デザインは現行のものしかないのですか?

現在は現行のデザインのみとなります。

ページトップに戻る