トップページ > 真空パネル暖房機SPD

真空パネル暖房機SPD

SPDのメリット

真空パネル暖房機SPDは、空気を暖めて自然な空気の流れを作る自然対流と、太陽の熱のように熱線によって直接伝わる輻射熱を組み合わせることで、じんわりぽかぽか、やさしい暖かさを実現しています。ファンがないので音も静かです。

SPDのメリット

部屋全体がぽかぽか

温風式暖房機は頭が暑く、足元は寒いといった温度ムラが出来やすい。SPDは輻射熱と自然対流で部屋の空気全体を暖めるので、部屋のどこにいても快適な暖かさです。

立ち上がりが早い

温水パネル暖房は快適ですが、部屋が暖まるまでに時間がかかるのが弱点です。その点、ヒートサイフォンを利用したSPDなら、運転開始後、スピーディーに部屋を暖め、運転を止めてもしばらくは余熱で暖かさを保ちます。

空気がクリーン

熱風を吹き出す暖房機は、ホコリを巻き上げ、空気を乾燥させます。自然対流式のSPDは、のどがイガイガしたり、風邪のウイルスが飛散したりすることも少なくなり健康的です。

火災やヤケドの心配は不要

熱源は水で覆われているため、火災の心配はありません。パネルの表面温度も80ºC以下で、やけどの心配もありません。小さな子どもからお年寄りまで安心して使うことができます。オプションでガードも御用意しております。

個別暖房の省エネ設計

セントラルヒーティングのように建物全体を暖めるのではなく、必要な部屋だけを暖房できます。配管やボイラーからの熱ロスもなく、ムダが少ないので経済的です。

灯油でもガスでもOK

内蔵バーナーの熱源は灯油又は天然ガス、LPG対応です。ボイラーや配管などが必要なく、大がかりな付帯工事も不要。故障時には部分的な入れ替えも可能です。

優れた耐久性

真空パネルには酸素がないので、腐食の心配がありません。配水管の凍結を心配する必要もありません。耐久年数は25年程度で維持管理も容易です。

< >

SPDは従来の暖房機のいいとこどり!

従来の温風式暖房機(強制対流)

短時間で部屋を暖めるバツグンの燃焼性能を持ちますが、熱した空気をファンで放出する「強制対流」のため湿度が低下し乾燥しがち。ホコリっぽく、ウイルスも飛散しやすい環境になります。

メリット
「立ち上がりが速い」・「経済的」・「個別運転可能」
デメリット
「温度ムラ」・「ホコリっぽい」・「乾燥しやすい」・「音がうるさい」

温水セントラル暖房(自然対流)

快適な暖かさを保つことができますが、配管やボイラー部分も暖めなければならず、ムダが多いのが欠点。立ち上がりが遅く、部屋が温まるまでにしばらくかかるのも課題でした。

メリット
「クリーン」・「安全」・「乾燥しにくい」
デメリット
「ボイラーや配管で熱ロスが多い」・「光熱費が高い」・「立ち上がりが遅い」

真空パネル暖房機のしくみ

金属パネル内部に少量の水を入れ、真空状態にします。パネルの下をバーナーで加熱すると、水が一気に水蒸気になってパネル内に充満し、今度は凝縮してまた水に戻ります。このような蒸発と凝縮にともなう潜熱でパネルを熱し、自然対流と輻射で部屋の空気全体を暖めることができます。

SPDのしくみ

真空パネルを採用することで、効率的に温度が上昇。さらに、従来の温水パネルだと温度ムラができるのに対し、SPDはパネル温度が素早く均一化します。熱源として小型バーナーを内蔵しているため、燃費を向上し、コスト削減にも効果的で、維持管理が容易です。

SPDのしくみ

導入施設

新築はもちろん既存の建物でも容易に備え付けが可能。現在他の暖房機をお使いの場合でも、故障した箇所から随時入れ替えることができます。

学校
学校の多くは温風式暖房機が使用されていますが、吹き出し口の周辺だけ高温になり教室に温度ムラが生じるのが欠点です。SPDなら教室全体の空気を暖め、均一な室温を保てます。

学校

幼稚園・保育園
FF式温風暖房機は空気が乾燥しやすく、インフルエンザなどのウイルスが拡散しやすくなります。自然対流と輻射熱で部屋全体の空気を暖めるSPDなら、空気を拡散しないため健康的です。

幼稚園・保育園

医療・福祉施設
小規模なグループホームなどでは石油ポットストーブを使用しているところも少なくありませんが、火事やヤケドの危険性が伴います。SPDは放熱部分の最大温度が80ºC以下。火事の心配もなく、音も静かです。

医療・福祉施設

宿泊・研修施設・公共施設など
一部の部屋しか使っていないのに、建物すべてを暖房するシステムは非効率的。SPDは必要な部屋だけ個別暖房が可能。季節や時間帯で稼働率に変動のある施設には最適です。

宿泊・研修施設・公共施設など

  • 製品納入実績を見る
  • SPDの仕様一覧を見る

お問い合わせ

tel 011-712-7277 平日9:00〜18:00受付(土日祝日を除く) fax 011-721-2722

  • 商品メンテナンスQ&A
  • お問い合わせフォーム
株式会社ストーク
〒065-0008 札幌市東区北八条東八丁目2-1 八条ビル3F
ページトップに戻る